白ニキビができるのを防ぐ

白ニキビができるのを防ぐには?赤ニキビへは悪化させない!

白ニキビができるのを防ぐには?赤ニキビへは悪化させない!

 

白ニキビができるのを防ぐには?赤ニキビへは悪化させない!

 

鏡などで肌を見たときに、鼻などやほっぺたなどに、白いぽつぽつとした角栓が白ニキビですね。

 

白ニキビをそのまま放置していると、炎症で腫れて大きくなったりするので、要注意ですよね。

 

白ニキビは、炎症がおこっていない一番軽い初期段階のニキビで、セルフケアをしっかりすることで、治す事ができます。

 

しかし、放置していると炎症したニキビへ悪化しますので、きちんと治していきましょう。

 

原因は様々ですが、主に

 

  • ストレスや食生活の乱れ
  • 乾燥などで皮脂の過剰分泌がおこり毛穴が詰まる
  • ターンオーバーの乱れで毛穴が詰まりやすくなっている
  • 遺伝

 

などといったことが原因で、ニキビができてきます。

 

白ニキビも炎症したニキビもどっちもある!?

また、

 

「炎症した赤ニキビもあるし、白ニキビも新たに続々登場している・・・」

 

といった具合で、ニキビが慢性化している場合は、間違ったスキンケアが原因で、なかなかニキビが治らないのかもしれません。

 

「自分はニキビができやすい肌質だから、仕方がない><」

 

と考えてしまうかもしれませんが、ニキビがヒドかった人でも、スキンケアで劇的に改善することもあるので、決してあきらめてはいけませんよ!

 

白ニキビの治し方は、毛穴に詰まった皮脂や角質などを取り除くことで治ります。

 

肌を清潔に保つ為のしっかりとした洗顔で毛穴の詰まりを取り除き、洗顔後十分に保湿することでターンオーバーの正常化を促します。

 

洗顔は、清潔な手で洗顔料をよく泡立て、泡で顔を洗います。

 

泡だけで毛穴の詰まりや汚れは十分取れますので、ごしごしとこすらないようにしましょう。

 

 

※なお、背中ニキビに関しては、こちらが参考になります。

 

細かい泡立ちの洗顔料がおすすめ

 

白ニキビができるのを防ぐには?赤ニキビへは悪化させない!

 

ニキビができやすい人が洗顔する場合は、泡立ちの細かい洗顔料がおすすめです。

 

なぜかというと、キメ細かい泡が、毛穴に入って角栓などを落としやすいですし、毛穴はやはり小さいですから、あまり大きな泡だと毛穴に詰まった汚れを取り除くのに十分な効果が期待できません。

 

洗顔後は、ぬるま湯ですすぎ残しのないように洗い流しましょう。すすぎ残しもニキビの原因となります。

 

すすぎ残しが返って皮膚の皮脂のとり過ぎに繋がって、皮脂の過剰分泌を招いて、逆にニキビを作り出してしまう可能性もあります。

 

皮脂は取れば取るほどよい、というわけではありません。

 

最低限皮膚の乾燥を防ぐ程度の皮脂は必要なのです。あまり皮脂を取り除きすぎると、水分が肌から飛んでいってしまいます。

 

皮膚が乾燥するということは、水分が体から失われていっていることであり、人間から水分が奪われれば、当然命にかかわってきます。

 

だからこそ、皮脂は取り除きすぎても、結局また分泌されるので、ニキビを防ぐ観点においても、皮脂の除去のしすぎはよくありません。

 

洗顔後は、保湿成分が多い化粧水や、美容液でしっかりと保湿しましょう。

 

ニキビの慢性化の原因として洗顔のしすぎという場合があります。

 

洗顔は最大1日に3回までとし、朝は水のみで洗顔することもお勧めします。

 

日々のスキンケアや生活習慣を見直して白ニキビを治しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ